ガス主任技術者試験 製造 甲種 過去問Webクイズ② 一問一答形式

ガス主任技術者試験甲種の製造科目で過去に出題された問題の中から9問抜粋し、Web上で解答できる無料クイズサイトを作成しました。

最後の「復習(理解力テスト)」では、1~9問と同じ内容の問題を掲載しております。解答後に正答率が表示されますので、復習に活用してください。

問1 都市ガスの原料に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ LNGの主成分であるメタンの臨界温度は-82℃と非常に低いため、常温で液化するには高圧で圧縮する必要がある。

ロ 天然ガスを高圧輸送する場合、水分が凝縮して障害を起こしたり、天然ガスと結合して雪状の固体物質(ガスハイドレート)を生成するため、水分の除去とともに露点の管理が重要である。

ハ LNGは、貯蔵中に外部からの入熱により沸点の低いメタンを主成分とするボイルオフガス(BOG)が発生するため、液密度が低くなる。

ニ LNG配管等を急激にクールダウン(冷却)すると、先に配管下面の温度だけが低下し、まだ温度が低下していない上面との温度差が大きくなり、金属の収縮の度合いに差異を生じて配管が弓状に反るように変形する場合がある。

ホ メタンは、ガス温度に関係なく空気より軽く、地表面に滞留することはない。

答え

答え3

イ ×

LNGの主成分であるメタンの臨界温度は-82℃と非常に低いため、常温では加圧するだけでは液化しない。

ハ ×

LNGは、貯蔵中に外部からの入熱により沸点の低いメタンを主成分とするボイルオフガス(BOG)が発生するため、液密度が高くなる

ホ ×

メタンは、ガス温度に関係なく空気より軽く、-110℃以下だと空気より重くなる

問2 ガスの製造設備に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 地下式LNG貯槽は、鉄筋コンクリート製の躯体の内面に断熱材を配し、その内面に気密性及び液密性を保持するためのステンレス製の薄板(メンブレン)を設置した構造である。

ロ オーステナイト系ステンレス鋼をLNG配管に使用する場合は、極低温によって生じる熱収縮を吸収するため、必要に応じ配管ループ等を設ける。

ハ ポンプにおけるキャビテーションを防止するには、ポンプ入口直前での流体の圧力を飽和蒸気圧以下にする必要がある。

ニ エアフィン式気化器は、長時間運転すると空気中の水分が伝熱管の表面に氷となって付着し、熱交換効率が低下するのに伴い出口ガス温度が低下するため解氷作業が必要となる。

ホ LNGローリーから貯槽へのLNGの受入作業では、加圧蒸発器からの気化ガスによりLNGローリーの気相を加圧し、液を押し出す。

答え

答え1

ハ ×

ポンプにおけるキャビテーションを防止するには、ポンプ入口直前での流体の圧力を飽和蒸気圧以上にする必要がある。

問3 ガスの成分分析に関する次の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

イ ガスクロマトグラフの熱伝導度検出器(TCD)は、キャリアガスと試料ガスの各成分の熱伝導率が異なることでホイートストンブリッジに発生する不平衡電圧を検出する。

ロ ガスクロマトグラフの検出器が成分分析に必要な感度を有しているかどうかは、標準物質を用いて判定することができる。

ハ ガスクロマトグラフにおいて、試料ガスの各成分の移動速度は、カラム中の固定相に対する溶解性や吸着性が強いほど速くなる。

ニ 全硫黄の分析方法には、過塩素酸バリウム沈殿滴定法やジメチルスルホナゾⅢ吸光光度法などがある。

ホ ガスクロマトグラフの水素発イオン化検出器(FID)は、酸素過剰の水素炎中において有機化合物成分か燃焼するとき、電極間に発生する電圧を検出する。

⑴イ、ロ ⑵イ、ホ ⑶ロ、ニ ⑷ハ、ニ ⑸ハ、ホ

答え

答え5

ハ ×

ガスクロマトグラフにおいて、試料ガスの各成分の移動速度は、カラム中の固定相に対する溶解性や吸着性が強いほど遅くなる。

ホ ×

ガスクロマトグラフの水素発イオン化検出器(FID)は、酸素過剰の水素炎中において有機化合物成分か燃焼するとき、電極間に発生する電流を検出する。

問4 都市ガスの付臭に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ ターシャリーブチルメルカプタン(TBM)、テトラヒドロチオフェン(THT)、ジメチルサルファイド(DNS)は、いずれも有機硫黄化合物である。

ロ ダイヤフラムポンプ等によって付臭剤を直接ガス中に注入する「ポンプ注入方式」は、比較的規模の小さい付臭設備に適した注入方式である。

ハ メルカプタン化合物は化学的に若干反応性があるが、TBMは比較的安定している。

ニ パネル法による臭気濃度の測定では、希釈倍数500倍でにおい有り、1,000倍でにおい有り、2,000倍でにおい無し、4,000倍でにおい有り、8,000倍でにおい無しの場合、このパネルの感知希釈倍数は、2,000倍となる。

ホ FPD付ガスクロマトグラフ法で測定される付臭剤成分は、THT、TBMに限られる。

答え

答え3

ロ ×

ダイヤフラムポンプ等によって付臭剤を直接ガス中に注入する「ポンプ注入方式」は、比較的規模の大きい付臭設備に適した注入方式である。

ニ ×

パネル法による臭気濃度の測定では、希釈倍数500倍でにおい有り、1,000倍でにおい有り、2,000倍でにおい無し、4,000倍でにおい有り、8,000倍でにおい無しの場合、このパネルの感知希釈倍数は、1,500倍となる。

ホ ×

FPD付ガスクロマトグラフ法で測定可能な付臭剤成分は、THT、TBM、DMS等の有機硫黄化合物。

問5 計測機器に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 測温抵抗体温度計は、金属の電気抵抗値が温度上昇によって減少する特性を利用したものである。

ロ ブルドン管式圧力計は、構造が簡単で測定範囲が広いが、クリープ、ヒステリシスが生じやすい。

ハ カルマン渦式流量計は、管中に挿入された渦発生体の後方に発生するカルマン渦の数を検出し、渦の発生数が流速に反比例することを利用して流量を測定する。

ニ 超音波式流量計は、流体の温度、密度、粘度の影響を受けない。

ホ 静電容量式レベル計は、蒸留水のような誘電率の小さい液体には不向きである。

答え

答え2

イ ×

測温抵抗体温度計は、金属の電気抵抗値が温度上昇によって増加する特性を利用したものである。

ハ ×

カルマン渦式流量計は、管中に挿入された渦発生体の後方に発生するカルマン渦の数を検出し、渦の発生数が流速に比例することを利用して流量を測定する。

問6 原料受払い計画に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ LNG貯種内のロールオーバー現象の発生を防止するために、貯槽内のLNGの水平方向の密度分布(温度分布)を常時監視することが必要である。

ロ LNG受入れ時にはボイルオフガス(BOG)が大量に発生することから、その処理に伴い電力使用量が増加するため、電カデマンド管理などが必要となる。

ハ LNG貯槽内のLNGは、外部からの入熱で濃縮(熱量上昇)が進むが、濃縮度合いは貯槽レベル等にかかわらず常に一定である。

ニ LNGローリー運行時における気象条件や交通事情による不測の事態に対応できるように、LNGサテライト基地では在庫確保、出荷元の複数化等の対策を事前に講じておくことが望ましい。

ホ BOGを送出ガスに混入する場合には、熱量調整設備の追従遅れによる送出ガスの熱量変動等にも留意する必要がある。

答え

答え2

イ ×

LNG貯種内のロールオーバー現象の発生を防止するために、貯槽内のLNGの高さ方向の密度分布(温度分布)を常時監視することが必要である。

ハ ×

LNG貯槽内のLNGは、外部からの入熱で濃縮(熱量上昇)が進むが、濃縮度合いは貯槽レベル等によって異なる

問7 停電対策に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 保安電力は、買電(保安電力として措置されたものに限る。)、自家発電、蓄電池のいずれか一以上による。

口 保安用計装圧縮空気の容量及び圧力は、対象設備の保安を確保するのに十分なものとする。

ハ BOG圧縮機の停止時間が長くなるとLNG貯槽の内部圧力が上昇するので、内部圧力監視の強化を行い、必要に応じて放散処理設備による降圧の準備などを行う。

二 停電が発生した場合、買電で稼働していたガス製造設備が安全側に移行、停止していること及び保安電力等が正常に作動していることを確認する必要がある。

ホ 保安用計装圧縮空気の供給は、保安電力又は予備の動力を使用する計装空気圧縮機、もしくは空気溜めによる供給によるものとし、窒素源による供給は認められない。

答え

答え1

ホ ×

保安用計装圧縮空気の供給は、保安電力又は予備の動力を使用する計装空気圧縮機、もしくは空気溜めによる供給や窒素源による供給が認められている。

問8 流量計に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 測定流量の範囲が同等であれば一般的に、ベンチュリ式流量計の方がオリフィス式流量計よりも、圧力損失が小さい。

ロ ベンチュリ式流量計は、流体の温度・圧力・比重の影響を受けることがない。

ハ カルマン渦式流量計は、管中に渦発生器があるため、オリフィス式流量計に比べ一般的に圧力損失が大きい。

ニ ベンチュリ式流量計は、気体や蒸気の計量には用いられない。

ホ ルーツ式流量計は、機構が単純でメンテナンスが容易であり、閉塞トラブルがない。

答え

答え4

ロ ×

ベンチュリ式流量計は、流体の温度・圧力・比重の影響を受ける

ハ ×

カルマン渦式流量計は、管中に渦発生器があるため、オリフィス式流量計に比べ一般的に圧力損失が小さい

ニ ×

ベンチュリ式流量計は、気体や蒸気の計量に用いられる

ホ ×

ルーツ式流量計は、機構が複雑でメンテナンスが大変で、閉塞トラブルがある。

問9 環境対策に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 窒素酸化物(NOx)の発生において、サーマル(Thermal)NOx、は燃焼雰囲気の温度及び酸素濃度が低いほど増加する傾向がある。

ロ ガス発生設備の定格運転時における最高エネルギー効率(昇圧に要するエネルギー消費量は除く。)は、総じて高いが90%以下である。

ハ LNGの冷熱利用のひとつである冷熱発電システムは、LNG直接膨張方式とランキンサイクル方式が実用化されている。

ニ LNG冷熱エネルギーの有効利用率をLNG基地全体として評価するには、冷熱エネルギ一及び圧カエネルギーを考慮したエクセルギー解析を用いることができる。

ホ 電気エネルギーの管理上、電動機は用途に適した種類及び容量のものを選定し、50%程度の負荷運転が望ましい。

答え

答え3

イ ×

窒素酸化物(NOx)の発生において、サーマル(Thermal)NOx、は燃焼雰囲気の温度及び酸素濃度が高いほど増加する傾向がある。

ロ ×

ガス発生設備の定格運転時における最高エネルギー効率(昇圧に要するエネルギー消費量は除く。)は、総じて高く90%以上である

ホ ×

電気エネルギーの管理上、電動機は用途に適した種類及び容量のものを選定し、80~100%程度の負荷運転が望ましい。

復習(理解力テスト)

製造 甲種問題4

都市ガスの原料に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ LNGの主成分であるメタンの臨界温度は-82℃と非常に低いため、常温で液化するには高圧で圧縮する必要がある。

ロ 天然ガスを高圧輸送する場合、水分が凝縮して障害を起こしたり、天然ガスと結合して雪状の固体物質(ガスハイドレート)を生成するため、水分の除去とともに露点の管理が重要である。

ハ LNGは、貯蔵中に外部からの入熱により沸点の低いメタンを主成分とするボイルオフガス(BOG)が発生するため、液密度が低くなる。

ニ LNG配管等を急激にクールダウン(冷却)すると、先に配管下面の温度だけが低下し、まだ温度が低下していない上面との温度差が大きくなり、金属の収縮の度合いに差異を生じて配管が弓状に反るように変形する場合がある。

ホ メタンは、ガス温度に関係なく空気より軽く、地表面に滞留することはない。

ガスの製造設備に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 地下式LNG貯槽は、鉄筋コンクリート製の躯体の内面に断熱材を配し、その内面に気密性及び液密性を保持するためのステンレス製の薄板(メンブレン)を設置した構造である。

ロ オーステナイト系ステンレス鋼をLNG配管に使用する場合は、極低温によって生じる熱収縮を吸収するため、必要に応じ配管ループ等を設ける。

ハ ポンプにおけるキャビテーションを防止するには、ポンプ入口直前での流体の圧力を飽和蒸気圧以下にする必要がある。

ニ エアフィン式気化器は、長時間運転すると空気中の水分が伝熱管の表面に氷となって付着し、熱交換効率が低下するのに伴い出口ガス温度が低下するため解氷作業が必要となる。

ホ LNGローリーから貯槽へのLNGの受入作業では、加圧蒸発器からの気化ガスによりLNGローリーの気相を加圧し、液を押し出す。

ガスの成分分析に関する次の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

イ ガスクロマトグラフの熱伝導度検出器(TCD)は、キャリアガスと試料ガスの各成分の熱伝導率が異なることでホイートストンブリッジに発生する不平衡電圧を検出する。

ロ ガスクロマトグラフの検出器が成分分析に必要な感度を有しているかどうかは、標準物質を用いて判定することができる。

ハ ガスクロマトグラフにおいて、試料ガスの各成分の移動速度は、カラム中の固定相に対する溶解性や吸着性が強いほど速くなる。

ニ 全硫黄の分析方法には、過塩素酸バリウム沈殿滴定法やジメチルスルホナゾⅢ吸光光度法などがある。

ホ ガスクロマトグラフの水素発イオン化検出器(FID)は、酸素過剰の水素炎中において有機化合物成分か燃焼するとき、電極間に発生する電圧を検出する。

Your score is

The average score is 70%

0%

製造 甲種問題5

都市ガスの付臭に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ ターシャリーブチルメルカプタン(TBM)、テトラヒドロチオフェン(THT)、ジメチルサルファイド(DNS)は、いずれも有機硫黄化合物である。

ロ ダイヤフラムポンプ等によって付臭剤を直接ガス中に注入する「ポンプ注入方式」は、比較的規模の小さい付臭設備に適した注入方式である。

ハ メルカプタン化合物は化学的に若干反応性があるが、TBMは比較的安定している。

ニ パネル法による臭気濃度の測定では、希釈倍数500倍でにおい有り、1,000倍でにおい有り、2,000倍でにおい無し、4,000倍でにおい有り、8,000倍でにおい無しの場合、このパネルの感知希釈倍数は、2,000倍となる。

ホ FPD付ガスクロマトグラフ法で測定される付臭剤成分は、THT、TBMに限られる。

計測機器に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 測温抵抗体温度計は、金属の電気抵抗値が温度上昇によって減少する特性を利用したものである。

ロ ブルドン管式圧力計は、構造が簡単で測定範囲が広いが、クリープ、ヒステリシスが生じやすい。

ハ カルマン渦式流量計は、管中に挿入された渦発生体の後方に発生するカルマン渦の数を検出し、渦の発生数が流速に反比例することを利用して流量を測定する。

ニ 超音波式流量計は、流体の温度、密度、粘度の影響を受けない。

ホ 静電容量式レベル計は、蒸留水のような誘電率の小さい液体には不向きである。

原料受払い計画に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ LNG貯種内のロールオーバー現象の発生を防止するために、貯槽内のLNGの水平方向の密度分布(温度分布)を常時監視することが必要である。

ロ LNG受入れ時にはボイルオフガス(BOG)が大量に発生することから、その処理に伴い電力使用量が増加するため、電カデマンド管理などが必要となる。

ハ LNG貯槽内のLNGは、外部からの入熱で濃縮(熱量上昇)が進むが、濃縮度合いは貯槽レベル等にかかわらず常に一定である。

ニ LNGローリー運行時における気象条件や交通事情による不測の事態に対応できるように、LNGサテライト基地では在庫確保、出荷元の複数化等の対策を事前に講じておくことが望ましい。

ホ BOGを送出ガスに混入する場合には、熱量調整設備の追従遅れによる送出ガスの熱量変動等にも留意する必要がある。

Your score is

The average score is 71%

0%

製造 甲種問題6

停電対策に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 保安電力は、買電(保安電力として措置されたものに限る。)、自家発電、蓄電池のいずれか一以上による。

口 保安用計装圧縮空気の容量及び圧力は、対象設備の保安を確保するのに十分なものとする。

ハ BOG圧縮機の停止時間が長くなるとLNG貯槽の内部圧力が上昇するので、内部圧力監視の強化を行い、必要に応じて放散処理設備による降圧の準備などを行う。

二 停電が発生した場合、買電で稼働していたガス製造設備が安全側に移行、停止していること及び保安電力等が正常に作動していることを確認する必要がある。

ホ 保安用計装圧縮空気の供給は、保安電力又は予備の動力を使用する計装空気圧縮機、もしくは空気溜めによる供給によるものとし、窒素源による供給は認められない。

流量計に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 測定流量の範囲が同等であれば一般的に、ベンチュリ式流量計の方がオリフィス式流量計よりも、圧力損失が小さい。

ロ ベンチュリ式流量計は、流体の温度・圧力・比重の影響を受けることがない。

ハ カルマン渦式流量計は、管中に渦発生器があるため、オリフィス式流量計に比べ一般的に圧力損失が大きい。

ニ ベンチュリ式流量計は、気体や蒸気の計量には用いられない。

ホ ルーツ式流量計は、機構が単純でメンテナンスが容易であり、閉塞トラブルがない。

環境対策に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 窒素酸化物(NOx)の発生において、サーマル(Thermal)NOx、は燃焼雰囲気の温度及び酸素濃度が低いほど増加する傾向がある。

ロ ガス発生設備の定格運転時における最高エネルギー効率(昇圧に要するエネルギー消費量は除く。)は、総じて高いが90%以下である。

ハ LNGの冷熱利用のひとつである冷熱発電システムは、LNG直接膨張方式とランキンサイクル方式が実用化されている。

ニ LNG冷熱エネルギーの有効利用率をLNG基地全体として評価するには、冷熱エネルギ一及び圧カエネルギーを考慮したエクセルギー解析を用いることができる。

ホ 電気エネルギーの管理上、電動機は用途に適した種類及び容量のものを選定し、50%程度の負荷運転が望ましい。

Your score is

The average score is 66%

0%

ホーム » ガス主任技術者試験 製造 甲種 過去問Webクイズ② 一問一答形式