ガス主任技術者試験 供給 乙種 過去問Webクイズ② 一問一答形式

過去に出題された問題の中から9問抜粋し一問一答形式のクイズをご用意しました。

ぜひ最後までチャレンジしてみてください。

最後の「復習(理解力テスト)」では、1~9問と同じ内容の問題を掲載しております。解答後に正答率が表示されますので、どのくらい覚えられたか復習してみてください。

問1 供給計画と供給管理に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 中圧供給方式とは、製造所から中圧でガスを送出し、整圧器によって低圧に整圧して需要家に供給する、あるいは、中圧で直接需要家に供給する方式である。

ロ 中低圧導管計画における需要予測において、計画区域の需要家件数、各需要家のガス機器の種類と台数の推定値から、同時使用率を用いてピーク時ガス量を算定した。

ハ ガスホルダーを需要地近くに設置することにより、ピーク時に製造所からその需要地に至る導管の輸送能力以上に需要家への供給能力を高めることができる。

ニ 標高0mのA地点から標高50mのB地点へ、ガス比重が空気より小さい低圧ガスを供給する場合、ガス流量がない状態でのB地点のガス圧力はA地点より低くなる。

ホ 低圧導管のガス流量公式において、導管延長が4倍になると、他の条件が同一であれば、管内のガス流量は1/√2になる。

答え

答え2

ニ ×

標高0mのA地点から標高50mのB地点へ、ガス比重が空気より小さい低圧ガスを供給する場合、ガス流量がない状態でのB地点のガス圧力はA地点より高くなる

ホ ×

低圧導管のガス流量公式において、導管延長が4倍になると、他の条件が同一であれば、管内のガス流量は1/2になる。

問2 導管網解析に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 既設需要家のピーク時ガス量の把握には、月間のガス使用量から推定する方法や、時間当たりの使用量を計測できるメーターで実測する方法等がある。

⑵ 低圧導管のガス流量計算式において、起点圧力と末端圧力がともに1kPa上昇するとき、管内の流量は変化しない。

⑶ 中圧導管のガス流量計算式において、ガス流量はガス比重の平方根に比例する。

⑷ 大口需要家の新規負荷量は、個別に消費機器を調査すること等により把握する。

⑸ 一般需要家の負荷量は、ある一定の範囲を一つの負荷量としてノードに配分する。

答え

答え3

中圧導管のガス流量計算式において、ガス流量はガス比重の平方根に反比例する

問3 整圧器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ パイロット式ローディング型整圧器は、駆動圧力が上昇するとメインバルブの開度は減少する。

⑵ パイロット式整圧器は、大容量、かつ要求流量制御範囲が大きい場合に適している。

⑶ 直動式整圧器は、二次圧力を締切圧力として利用するので、ロックアップは大きくなる。

⑷ 圧力上昇防止装置は、整圧器の故障により、二次側の圧力が異常に上昇することを防止するために用いられる。

⑸ 整圧器及びその付属装置には、耐震上安全な方法で支持を施す。

答え

答え1

パイロット式ローディング型整圧器は、駆動圧力が上昇するとメインバルブの開度は増大する

問4 膜式ガスメーターに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ クランク軸がさび付いた場合や、バルブと計量室の出入り口が水分により凍結した場合等、ガスがメーターを通過できなくなる故障を不通という。

⑵ ガスメーター内部の漏れは、翼軸等が隔壁を貫通するシール部分の気密が低下した場合に生じる。

⑶ メーターにガスを通じたとき、メーター出口側の圧力変動が著しくなり、ガスの燃焼状態が不安定になる故障をあおりという。

⑷ 使用最大流量Qmaxが25m^3/hのメーターの検定有効期間は、10年である。

⑸ 検定を受ける際の許容器差を検定公差といい、使用最大流量では±1.5%の範囲内とされている。

答え

答え4

使用最大流量Qmaxが25m^3/hのメーターの検定有効期間は、7年である。

問5 腐食及び防食に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 電池において、電解質に電流が流出する電極のことをカソード、電解質から電流が流入する電極のことをアノードという。

⑵ 埋設導管の腐食は、電食と自然腐食に大別できる。

⑶ 酸性による水素発生型腐食の可能性を調査するため、土壌のpHを測定した。

⑷ 管対地電位は、土壌等の電解質に設置した照合電極に対する導管の電位である。

⑸ 導管の防食方法には、塗装による措置、絶縁による措置、電気防食による措置などがある。

答え

答え1

電池において、電解質に電流が流出する電極のことをアノード、電解質から電流が流入する電極のことをカソードという。

問6 ポリエチレン管に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ エレクトロフュージョン(EF)接合には、バット融着、ソケット融着、サドル融着の3種類がある。

ロ ヒートフュージョン(HF)接合では、インジケータにより融着状況を確認できる。

ハ 融着の直前に、管と継手の融着面をエタノールで清掃した。

二 ポリエチレン管の理設工事においては、パイプロケーターの使用に備え、標識シートを管に沿わせて設置する。

ホ 小口径のポリエチレン管は、スクイズオフ工具を用いて、ガスを遮断することができる。

答え

答え3

イ ×

エレクトロフュージョン(EF)接合には、ソケット融着、サドル融着の2種類がある。

ロ ×

エレクトロフュージョン(EF)接合では、インジケータにより融着状況を確認できる。

二 ×

ポリエチレン管の理設工事においては、パイプロケーターの使用に備え、ロケーティングワイヤーを管に沿わせて設置する。

問7 導管の溶接及び非破壊試験に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ アンダーカットや融合不良は、表面欠陥であるので、放射線透過試験では検出できない。

⑵ 溶込み不良は、開先の一部がそのまま残った状態の欠陥である。

⑶ 浸透探傷試験は、表面に開口したきずであれば、金属、非金属の幅広い材料の表面きずを検査することができる。

⑷ アーク溶接は、溶接棒の心線に塗布された被覆剤によりスラグが発生する。

⑸ ティグ(TIG)溶接は、不活性ガスで溶接部をシールドしているため、不純物が混入せず、高品質な溶接が得られる。

答え

答え1

アンダーカットや融合不良は、表面欠陥であるので、放射線透過試験では検出できる

問8 導管の維持管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 中圧管で腐食による漏えいが発生したため、低圧に減圧した後、緊急修理用バンドを用いて応急処置をした。

⑵ 半導体式ガス検知器は、検知感度が高く、埋設管の漏えい検査に適している。

⑶ 亀裂・折損漏えい予防対策として、反転シール工法を採用した。

⑷ 接触燃焼式ガス検知器は、電気抵抗が温度に反比例することを利用したものである。

⑸ サンドブラストによる供給支際は、大量の水道水が流入し続けることがあるので、広範囲に至る場合がある。

答え

答え4

接触燃焼式ガス検知器は、電気抵抗が温度に比例することを利用したものである。

問9 地震に関する次の記述のうち、「 」の中の(イ)~(ニ)にあてはまる語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

中圧鋼管の被害は、「イ」 部であって、しかも活断層又は液状化地区のうち、特殊な地形や地盤条件(傾斜地、河川近傍等)の複数の要因が重なった箇所に発生している。

SI値は、周期が「ロ」の揺れの強さの平均値を求めたもので、「ハ」の単位カインで表される。

活断層は、「ニ」の引き金となる可能性がある。

⑴(イ)裏波溶接(ロ)0.1~2.5秒(ハ)加速度(ニ)内陸型地震

⑵(イ)裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)速度(ニ)海溝型地震

⑶(イ)非裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)速度(ニ)内陸型地震

⑷(イ)非裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)加速度(ニ)海溝型地震

⑸(イ)非裏波溶接(ロ)0.1~2.5秒(ハ)速度(ニ)内陸型地震

答え

答え5

復習(理解力テスト)

供給 乙種問題4

供給計画と供給管理に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 中圧供給方式とは、製造所から中圧でガスを送出し、整圧器によって低圧に整圧して需要家に供給する、あるいは、中圧で直接需要家に供給する方式である。

ロ 中低圧導管計画における需要予測において、計画区域の需要家件数、各需要家のガス機器の種類と台数の推定値から、同時使用率を用いてピーク時ガス量を算定した。

ハ ガスホルダーを需要地近くに設置することにより、ピーク時に製造所からその需要地に至る導管の輸送能力以上に需要家への供給能力を高めることができる。

ニ 標高0mのA地点から標高50mのB地点へ、ガス比重が空気より小さい低圧ガスを供給する場合、ガス流量がない状態でのB地点のガス圧力はA地点より低くなる。

ホ 低圧導管のガス流量公式において、導管延長が4倍になると、他の条件が同一であれば、管内のガス流量は1/√2になる。

導管網解析に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 既設需要家のピーク時ガス量の把握には、月間のガス使用量から推定する方法や、時間当たりの使用量を計測できるメーターで実測する方法等がある。

⑵ 低圧導管のガス流量計算式において、起点圧力と末端圧力がともに1kPa上昇するとき、管内の流量は変化しない。

⑶ 中圧導管のガス流量計算式において、ガス流量はガス比重の平方根に比例する。

⑷ 大口需要家の新規負荷量は、個別に消費機器を調査すること等により把握する。

⑸ 一般需要家の負荷量は、ある一定の範囲を一つの負荷量としてノードに配分する。

整圧器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ パイロット式ローディング型整圧器は、駆動圧力が上昇するとメインバルブの開度は減少する。

⑵ パイロット式整圧器は、大容量、かつ要求流量制御範囲が大きい場合に適している。

⑶ 直動式整圧器は、二次圧力を締切圧力として利用するので、ロックアップは大きくなる。

⑷ 圧力上昇防止装置は、整圧器の故障により、二次側の圧力が異常に上昇することを防止するために用いられる。

⑸ 整圧器及びその付属装置には、耐震上安全な方法で支持を施す。

Your score is

The average score is 78%

0%

供給 乙種問題5

膜式ガスメーターに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ クランク軸がさび付いた場合や、バルブと計量室の出入り口が水分により凍結した場合等、ガスがメーターを通過できなくなる故障を不通という。

⑵ ガスメーター内部の漏れは、翼軸等が隔壁を貫通するシール部分の気密が低下した場合に生じる。

⑶ メーターにガスを通じたとき、メーター出口側の圧力変動が著しくなり、ガスの燃焼状態が不安定になる故障をあおりという。

⑷ 使用最大流量Qmaxが25m^3/hのメーターの検定有効期間は、10年である。

⑸ 検定を受ける際の許容器差を検定公差といい、使用最大流量では±1.5%の範囲内とされている。

腐食及び防食に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 電池において、電解質に電流が流出する電極のことをカソード、電解質から電流が流入する電極のことをアノードという。

⑵ 埋設導管の腐食は、電食と自然腐食に大別できる。

⑶ 酸性による水素発生型腐食の可能性を調査するため、土壌のpHを測定した。

⑷ 管対地電位は、土壌等の電解質に設置した照合電極に対する導管の電位である。

⑸ 導管の防食方法には、塗装による措置、絶縁による措置、電気防食による措置などがある。

ポリエチレン管に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ エレクトロフュージョン(EF)接合には、バット融着、ソケット融着、サドル融着の3種類がある。

ロ ヒートフュージョン(HF)接合では、インジケータにより融着状況を確認できる。

ハ 融着の直前に、管と継手の融着面をエタノールで清掃した。

二 ポリエチレン管の理設工事においては、パイプロケーターの使用に備え、標識シートを管に沿わせて設置する。

ホ 小口径のポリエチレン管は、スクイズオフ工具を用いて、ガスを遮断することができる。

Your score is

The average score is 92%

0%

供給 乙種問題6

導管の溶接及び非破壊試験に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ アンダーカットや融合不良は、表面欠陥であるので、放射線透過試験では検出できない。

⑵ 溶込み不良は、開先の一部がそのまま残った状態の欠陥である。

⑶ 浸透探傷試験は、表面に開口したきずであれば、金属、非金属の幅広い材料の表面きずを検査することができる。

⑷ アーク溶接は、溶接棒の心線に塗布された被覆剤によりスラグが発生する。

⑸ ティグ(TIG)溶接は、不活性ガスで溶接部をシールドしているため、不純物が混入せず、高品質な溶接が得られる。

導管の維持管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 中圧管で腐食による漏えいが発生したため、低圧に減圧した後、緊急修理用バンドを用いて応急処置をした。

⑵ 半導体式ガス検知器は、検知感度が高く、埋設管の漏えい検査に適している。

⑶ 亀裂・折損漏えい予防対策として、反転シール工法を採用した。

⑷ 接触燃焼式ガス検知器は、電気抵抗が温度に反比例することを利用したものである。

⑸ サンドブラストによる供給支際は、大量の水道水が流入し続けることがあるので、広範囲に至る場合がある。

地震に関する次の記述のうち、「 」の中の(イ)~(ニ)にあてはまる語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

中圧鋼管の被害は、「イ」 部であって、しかも活断層又は液状化地区のうち、特殊な地形や地盤条件(傾斜地、河川近傍等)の複数の要因が重なった箇所に発生している。

SI値は、周期が「ロ」の揺れの強さの平均値を求めたもので、「ハ」の単位カインで表される。

活断層は、「ニ」の引き金となる可能性がある。

⑴(イ)裏波溶接(ロ)0.1~2.5秒(ハ)加速度(ニ)内陸型地震

⑵(イ)裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)速度(ニ)海溝型地震

⑶(イ)非裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)速度(ニ)内陸型地震

⑷(イ)非裏波溶接(ロ)1.0~2.5秒(ハ)加速度(ニ)海溝型地震

⑸(イ)非裏波溶接(ロ)0.1~2.5秒(ハ)速度(ニ)内陸型地震

Your score is

The average score is 86%

0%

ホーム » ガス主任技術者試験 供給 乙種 過去問Webクイズ② 一問一答形式