ガス主任技術者試験 供給 丙種 過去問Webクイズ③ 一問一答形式

過去に出題された問題の中から9問抜粋し一問一答形式のクイズをご用意しました。

ぜひ最後までチャレンジしてみてください。

最後の「復習(理解力テスト)」では、1~9問と同じ内容の問題を掲載しております。解答後に正答率が表示されますので、どのくらい覚えられたか復習してみてください。

問1 ガスの供給方式に関する次の記述について、「 」に中の(イ)~(ニ)にあてはまる語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

「イ」供給方式とは、特定製造所内から需要家の使用圧力で直接供給する方式である。この方式は、「ロ」供給方式に比べ導管の必要口径は「ハ」なる。また、供給圧力が「ニ」ので、導管工事、維持管理、保安管理は比較的容易で、標準的な供給方式となっている。

⑴(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)大きく (ニ)低い

⑵(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)小さく (ニ)低い

⑶(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)小さく (ニ)高い

⑷(イ)中間圧 (ロ)低圧 (ハ)大きく (ニ)低い

⑸(イ)中間圧 (ロ)低圧 (ハ)小さく (ニ)高い

答え

答え1

問2 A地点より20m高い位置にあるB地点に低圧でガスを供給する場合、B地点における高低差による圧力補正値(Pa)として最も近い値はどれか。ただし、圧力補正の計算には次式を用いる。

h = ρ•g•(S-1)•H

(条件)

h:圧力補正値Pa (一は圧力が高くなる。+は圧力が低くなる)

ρ:空気密度 1.3kg/m

g:重力加速度 10m/s^2

S:ガス比重 1.5(空気を1とする)

H:A地点とB地点の高低差 20m

⑴-130 ⑵-13 ⑶+13 ⑷+130 ⑸+1300

答え

答え4

h=1.3×10×(1.5-1)×20

h=130 (Pa)

問3 LPガス用の整圧器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ ガスの最大需要量に適応した調整能力を有する機種を選定する。

⑵ 整圧器の出口圧力が2.3~3.3kPaの圧力を保持できるものを選定する。

⑶ 整圧器の入口圧力を記録できる自記圧力計を取付けなければならない。

⑷ 不純物除去装置は、金網等を使用してガス中のダスト類を濾過分離する濾過型が多用されている。

⑸ 二次側圧力7±1.4(kPa)で作動する安全装置が内蔵されていたので、昇圧防止装置を設置しなかった。

答え

答え3

整圧器の出口圧力を記録できる自記圧力計を取付けなければならない。

問4 ガスメーターに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 膜式ガスメーターは、湿式メーターで、一般に家庭用、商業用等の低圧用に広く使用されている。

⑵ ルーツメーターは、回転子式ガスメーターで、2個のまゆ型回転子とこれを包含するケースで構成されている。

⑶ 簡易ガス用S型マイコンメーターには、4号、5号の開放式湯沸器を使用した場合等に使用時間を制限するCO中毒対策区分が設定できる機能がある。

⑷ 簡易ガス用S型マイコンメーターは、少量漏れやロ火連続使用により、30日間継続してガスが流れた場合、警告表示する。

⑸ マイコンメーターは、上流側のガス供給圧力が所定の圧力以下になった場合、遮断する。

答え

答え1

膜式ガスメーターは、乾式メーターで、一般に家庭用、商業用等の低圧用に広く使用されている。

問5 供給管及び内容の設計と施工に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 内容45mm(LPガス以外は70mm)以上の引込管には、危急の場合に速やかに遮断できる装置を設ける。

⑵ 灯内内管を、電気配線から10cm以上離して配管し、配線と交差する部分には絶縁ビニルテープを巻いた。

⑶ ポリエチレン管を用いる場合は、管が上下に波打ちしないよう管床は平らに仕上げ、差水等の場合に管内の下がり部に水溜りができないよう施工する。

⑷ ポリエチレン管は電気絶縁体なので、パイプロケーターで埋設位置を調査できるように、管に添わせて標識シートを設置した。

⑸ 供給管及び内管にポリエチレン管を使用したので、需要家のメーター立管に、ポリエチレン管使用を明示する標示を行った。

答え

答え4

ポリエチレン管は電気絶縁体なので、パイプロケーターで埋設位置を調査できるように、管に添わせてロケーティングワイヤーを設置すること。

問6 導管の材料及び接合方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ ポリエチレン管は伸びが大きく可とう性に優れているため、不等沈下や地震等による地盤変位によく追従する。

⑵ ポリエチレン管は耐候性に優れているため、露出部の使用に適している。

⑶ ポリエチレン管の接合方法には、融着接合と機械的接合がある。

⑷ 抜け出し防止機能を有した機械的接合は耐震性能が高い。

⑸ 導管の接合は、導管の種類、圧力、使用場所等に応じた方法を選定する。

答え

答え2

ポリエチレン管は埋設部の使用に適している。

問7 導管の維持管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 維持管理作業に携わる者に対して、保安に関する教育及び訓練の計画を作成し、実施した。

⑵ 設備情報等の集計や分析作業において、マッピングンステムを活用するのも有効である。

⑶ 他工事に際して、導管の位置を調査するため、導管図の確認に加えて試掘を行った。

⑷ 緊急ガス遮断装置は、遠隔で直ちに閉動作が行われることを確認する。

⑸ 半導体式ガス検知器を用いて、地表の空気を吸引しながらLPガスを供給する埋設導管の法定漏えい検査を行った。

答え

答え5

LPガスは空気より重いため、半導体式ガス検知器を用いて漏えい検査を行うことはできない。天然ガスは半導体式ガス検知器で漏えい検査可能。

問8 他工事対策及びガス検知器に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 他工事の影響を受ける導管について、移設が困難であったため、防護措置を施した。

ロ 他工事事業者に対し、ガスの知識、緊急時の措置方法等の教育、周知を行った。

ハ 他工事の影響を受ける導管に対し、パイプロケーターにより漏えい検査を行った。

ニ 検知管式ガス検知器は検知管を交換することで、一酸化炭素、プロパン、エチレン等特定のガスを検出することができる。

ホ 接触燃焼式ガス検知器は、ガス検知素子の電気抵抗値が変化することにより、濃度を測定するものである。

答え

答え1

ハ ×

パイプロケーターは、埋設されている水道管やガス管の位置と深さを地上から探知するもの。

問9 地震対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 地震発生時に適切に対応するため、計画的に教育や訓練を実施する。

⑵ 需要家ごとに感震遮断機能を有するマイコンメーターを設置した。

⑶ 大規模な団地では効果的な復旧作業のために、導管網のブロック化か有効である。

⑷ 盛土崩壊による被害のおそれがある団地を、あらかじめリスト化しておく。

⑸ 耐震対策として、埋設管に絶縁継手を設置した。

答え

答え5

耐震対策として、埋設管にポリエチレン管を使用すること。

復習(理解力テスト)

供給 丙種問題7

ガスの供給方式に関する次の記述について、「 」に中の(イ)~(ニ)にあてはまる語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

「イ」供給方式とは、特定製造所内から需要家の使用圧力で直接供給する方式である。この方式は、「ロ」供給方式に比べ導管の必要口径は「ハ」なる。また、供給圧力が「ニ」ので、導管工事、維持管理、保安管理は比較的容易で、標準的な供給方式となっている。

⑴(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)大きく (ニ)低い

⑵(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)小さく (ニ)低い

⑶(イ)低圧 (ロ)中間圧 (ハ)小さく (ニ)高い

⑷(イ)中間圧 (ロ)低圧 (ハ)大きく (ニ)低い

⑸(イ)中間圧 (ロ)低圧 (ハ)小さく (ニ)高い

A地点より20m高い位置にあるB地点に低圧でガスを供給する場合、B地点における高低差による圧力補正値(Pa)として最も近い値はどれか。ただし、圧力補正の計算には次式を用いる。

h = ρ•g•(S-1)•H

(条件)

h:圧力補正値Pa (一は圧力が高くなる。+は圧力が低くなる)

ρ:空気密度 1.3kg/m

g:重力加速度 10m/s^2

S:ガス比重 1.5(空気を1とする)

H:A地点とB地点の高低差 20m

LPガス用の整圧器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ ガスの最大需要量に適応した調整能力を有する機種を選定する。

⑵ 整圧器の出口圧力が2.3~3.3kPaの圧力を保持できるものを選定する。

⑶ 整圧器の入口圧力を記録できる自記圧力計を取付けなければならない。

⑷ 不純物除去装置は、金網等を使用してガス中のダスト類を濾過分離する濾過型が多用されている。

⑸ 二次側圧力7±1.4(kPa)で作動する安全装置が内蔵されていたので、昇圧防止装置を設置しなかった。

Your score is

The average score is 75%

0%

供給 丙種問題8

ガスメーターに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 膜式ガスメーターは、湿式メーターで、一般に家庭用、商業用等の低圧用に広く使用されている。

⑵ ルーツメーターは、回転子式ガスメーターで、2個のまゆ型回転子とこれを包含するケースで構成されている。

⑶ 簡易ガス用S型マイコンメーターには、4号、5号の開放式湯沸器を使用した場合等に使用時間を制限するCO中毒対策区分が設定できる機能がある。

⑷ 簡易ガス用S型マイコンメーターは、少量漏れやロ火連続使用により、30日間継続してガスが流れた場合、警告表示する。

⑸ マイコンメーターは、上流側のガス供給圧力が所定の圧力以下になった場合、遮断する。

供給管及び内容の設計と施工に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 内容45mm(LPガス以外は70mm)以上の引込管には、危急の場合に速やかに遮断できる装置を設ける。

⑵ 灯内内管を、電気配線から10cm以上離して配管し、配線と交差する部分には絶縁ビニルテープを巻いた。

⑶ ポリエチレン管を用いる場合は、管が上下に波打ちしないよう管床は平らに仕上げ、差水等の場合に管内の下がり部に水溜りができないよう施工する。

⑷ ポリエチレン管は電気絶縁体なので、パイプロケーターで埋設位置を調査できるように、管に添わせて標識シートを設置した。

⑸ 供給管及び内管にポリエチレン管を使用したので、需要家のメーター立管に、ポリエチレン管使用を明示する標示を行った。

導管の材料及び接合方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ ポリエチレン管は伸びが大きく可とう性に優れているため、不等沈下や地震等による地盤変位によく追従する。

⑵ ポリエチレン管は耐候性に優れているため、露出部の使用に適している。

⑶ ポリエチレン管の接合方法には、融着接合と機械的接合がある。

⑷ 抜け出し防止機能を有した機械的接合は耐震性能が高い。

⑸ 導管の接合は、導管の種類、圧力、使用場所等に応じた方法を選定する。

Your score is

The average score is 83%

0%

供給 丙種問題9

導管の維持管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 維持管理作業に携わる者に対して、保安に関する教育及び訓練の計画を作成し、実施した。

⑵ 設備情報等の集計や分析作業において、マッピングンステムを活用するのも有効である。

⑶ 他工事に際して、導管の位置を調査するため、導管図の確認に加えて試掘を行った。

⑷ 緊急ガス遮断装置は、遠隔で直ちに閉動作が行われることを確認する。

⑸ 半導体式ガス検知器を用いて、地表の空気を吸引しながらLPガスを供給する埋設導管の法定漏えい検査を行った。

他工事対策及びガス検知器に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 他工事の影響を受ける導管について、移設が困難であったため、防護措置を施した。

ロ 他工事事業者に対し、ガスの知識、緊急時の措置方法等の教育、周知を行った。

ハ 他工事の影響を受ける導管に対し、パイプロケーターにより漏えい検査を行った。

ニ 検知管式ガス検知器は検知管を交換することで、一酸化炭素、プロパン、エチレン等特定のガスを検出することができる。

ホ 接触燃焼式ガス検知器は、ガス検知素子の電気抵抗値が変化することにより、濃度を測定するものである。

地震対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ 地震発生時に適切に対応するため、計画的に教育や訓練を実施する。

⑵ 需要家ごとに感震遮断機能を有するマイコンメーターを設置した。

⑶ 大規模な団地では効果的な復旧作業のために、導管網のブロック化か有効である。

⑷ 盛土崩壊による被害のおそれがある団地を、あらかじめリスト化しておく。

⑸ 耐震対策として、埋設管に絶縁継手を設置した。

Your score is

The average score is 82%

0%

ホーム » ガス主任技術者試験 供給 丙種 過去問Webクイズ③ 一問一答形式